入園入学準備にお母さんの味方になるお名前シールの作成

サイトマップ

名前シール

お名前シールでママ仕事を時短にする

床に座っている子供

春は、新年度の始まりでもあります。幼稚園に、小学校にと進学をする時期でもあるのです。幼稚園、特に小学一年生は持ち物全てに名前を書かなくてはいけないのです。幼稚園は、洋服からお弁当、お箸、コップと。小学生になると、鉛筆の一本一本と全てに名前を書かなくてはいけないのです。筆箱に入れる鉛筆、色鉛筆12本、クレヨン12本と細かいものまで全てなのです。
昔は鉛筆の一片を少し削ってから名前を書くこともありましたが、それは大変な作業です。そこで、お名前シールというとても便利なアイテムがあるのです。子供の名前を印刷してくれているので、普通にシールを貼る感覚で、次から次へと貼っていけばいいのです。
シールの大きさも、様々あるので、貼る用途に合わせていけます。幼稚園なら大きめのシール、小学生なら小さめ、お名前シールは、大きさがミックスされているものもあるので、用途によって使い分けることもできます。
お名前シールには、イラストも入れられたりするので、まだ字が読めない子供でも、イラストをつけることによって理解してもらえると思います。そして粘着力もちゃんとあるので、お弁当箱にお名前シールを貼って、故意に子供がはがさない限り2、3年は大丈夫だと思います。粘着力については、実験のもと大丈夫だと言い切っています。

絵を描いている子供

100円ショップの名前シールで可愛く

幼稚園や保育園に入園すると必ず避けて通れないのが名前つけ。全ての持ち物にひとつひとつ書かなければならず、結構面倒な作業です。しかし、ここは愛する我が子のため。どうせなら、ただマジックで書くよりも、少しでも可愛くしてあげたいと思いませんか?そんなときに役立つのが100円ショップの名前シールです。たかが100円、されど100円。女の子の喜ぶハートやリボン柄に男の子も大好きな動物柄、普通のシールタイプからラミネートシールタイプまで、いろいろな材質・絵柄が揃っています。大きさもいろいろ入っ…

Pick Up Contents